出会い目的に使えるSNSを4つ厳選!出会い方のコツや注意点もご紹介

出会い目的に使えるSNSを4つ厳選!出会い方のコツや注意点もご紹介

「SNSに出会いってあるの?」

「出会い目的で使えるSNSはどれ?」

「SNSのメッセージのコツが知りたい!」

というようにSNSの出会いに興味を持っているけど、実際に出会えるのかと考えている人は多いのではないでしょうか?出会いに繋がるようなSNSがないのか気になりますよね。

そこでこの記事では、出会いのある4つのSNSをご紹介します

他に、SNSで出会える確率やSNSで出会いを探す上での注意点などについても掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

出会い系・マッチングアプリおすすめ3選
ワクワクメールワクワクメール
無料登録
  • 【累計会員1,000万人超の出会い系】
  • ・まじめor割り切り両方の出会いが可能
  • ・本人認証&24時間監視で安全
  • ・会員登録で1,700円分のポイントGET!
ペアーズペアーズ
無料登録
  • 【恋活・婚活No.1マッチングアプリ】
  • ・真剣な出会いを求める人向け
  • ・会う前にビデオデートが可能
  • ・地方でも出会いやすい
ティンダーティンダー
無料登録
  • 【無料で出会うならおすすめNo.1】
  • ・男性も無料で出会える
  • ・18~24歳の若い層が多い
  • ・国際的な出会いも期待できる

SNSの出会いで付き合った人は約8割

SNSで交際になった確率

引用元:ノマドマーケティング調べ

SNS上で出会った人の中で、その後交際まで発展した経験を持つ人は男性71%、女性86%と男女ともに約8割で、年代別では、40代男性77%、30代女性では92%でした。

SNS上で実際に会うことができれば、ほとんどのケースで交際に発展するので、出会いがないと思っている人はぜひSNSで出会いを探してみましょう。

特に、SNSの中でも利用者の多くが出会い目的で使っている、マッチングアプリがおすすめです。アプリ内の検索機能を用いて、趣味や価値観が会う相手を見つけやすいので、ぜひ試してみましょう。

SNSで結婚した人は14%

SNS出会える確率

引用元:ノマドマーケティング調べ

既婚者に対するアンケートでは、SNSを通じて結婚したことがある人が14%ということが分かりました。男女別に見ると、SNSで結婚したことがある男性が19%であるのに対し、女性は10%に留まりました。

SNSで異性に出会ったことがある男性は30代、40代と年齢が上がるほど結婚に至る割合が大きくなり、40代男性に関しては21%が結婚に至っています。一方でSNSで結婚した女性は30代が17%でピークとなり、40代になると7%と低いです。

SNSの出会いは、アラフォー男性、アラサー女性の婚活にSNSの出会いは向いている傾向が見られます

真剣な出会いにはマッチングアプリがおすすめ

マッチングアプリの出会いのメリットは恋愛目的でやっている人が大半なので、恋愛に発展しやすいです。実際に利用しみてイメージが変わったという人もいます。

マッチングアプリの出会いのデメリットは、出会いやすいために相手選びに困ってしまうことです。プロフィール検索を用いても、共通の趣味を持つ相手だけで数百人程度になることも珍しくありません。

また、マッチングアプリの出会いのデメリットは、職場の人が利用していた場合身バレがあることです。マッチングアプリの中には、自分のプロフィールを非公開にできるものもあるので、ぜひ機能が豊富なアプリを初心者は利用すると良いでしょう。

編集部おすすめマッチングアプリ
タップルペアーズ
無料DL
  • 【利用率No.1のマッチングアプリ】
  • ・男女合わせて約60%も利用経験がある
  • ・毎月1万人以上の恋人が誕生している
  • ・趣味や価値観から異性が探せる

マッチングアプリで出会える確率は約8割

マッチングアプリで出会えた割合

※引用元:株式会社サザンダイア

2021年に株式会社サザンダイアは、マッチングアプリの利用実態について調査を実施しました。マッチングアプリで実際に出会った経験がある人は77.2%でした。ここではマッチングアプリの出会いについて、サザンダイアの調査を元に紹介していきます。

18.4%の人が交際に発展

マッチングアプリの出会いの結果

※引用元:株式会社サザンダイア

実際のマッチングアプリの出会いはその後どの様になりましたか?という問いに対しては、マッチングアプリ利用者の18.4%の人が交際と回答しました。また、結婚に至るケースはなんと5.8%です。

マッチングアプリの出会いは恋活だけではなく婚活にも利用可能です。

Twitterは趣味友探しの出会いにおすすめ

Twitterの出会いのきっかけは、もともと出会い目的で使っていたというわけではなく、趣味友を見つけていたら意気投合して、仲良くなり交際に至ったというケースが多いです。

Twitterで出会いを探す際は、ガツガツ出会いを探すというよりは、まずは気が合う友達を探そうという気持ちが大切です。

Twitterで出会うコツ

  • 日常生活のことを呟く
  • ハッシュタグを使
  • 普段の投稿に「いいね」やリプライを送る

Twitterは普段感じていることをつぶやくSNSなので、普段の投稿から価値観・考え方の似た相手を見つけやすく、出会いがあります。普段から仕事のことや趣味のことなどを投稿しておきましょう。

気になった相手には、普段から相手の投稿に「いいね」を送ったり、リプライ(メッセージ)をしましょう。次第に仲良くなりDMを使って2人だけのやり取りをし、外出の予定などを取り付けることが可能です。

Twitterのプロフィール上で、「#ツイッター恋活」などハッシュタグをつけておくと、検索機能で相手から見つけやすくなるので活用しましょう。出会いでは考えや価値観を重視する人にTwitterの出会いはおすすめです。

Instagramは20代の出会いにおすすめ

2021年の総務省の調査によると、Instagramの利用率は20代が64%と若い年齢層が高いです。お互いのライフスタイルを見るだけではなく、出会いの場としても活用されています。

Instagramで出会うコツ

  • ハッシュタグで共通の趣味の相手をフォロー
  • 投稿画像は加工しておしゃれにする
  • ストーリーの投稿にコメント

Instagramは投稿についているタグを検索機能で探すことで趣味の会う相手を探すことができるので、出会いを探すのにおすすめのSNSです。

Instagramは写真をおしゃれにすると、フォロワーが増えやすく、出会いに繋がりやすいです。日本一フォロワーが多い渡辺直美さんも使用している、加工アプリ「VSCO」を使ってお洒落な投稿をしてみましょう。

Instagramはアカウントを作り込むためにも、発信するテーマは「スイーツの写真」など1つに統一すると、趣味・思考がわかりやすく共通の趣味の人と繋がれます。Instagramは共通の趣味を探したい人におすすめのSNSです。

Facebookは中年層の出会いにおすすめ

Facebookは知り合い同士の繋がりがあるので、自然な出会いに近い出会いがあります。また、利用者層の年齢が40代が中心なので、再婚を希望している人が活用するのも良いでしょう。

Facebookで出会うコツ

  • 写真は加工なしのものを使用する
  • 昔の同級生を探す
  • 気になっている相手に共通の友人がいないか確認

Facebookは友達の友達まで見られるため、友達の繋がりから出会いに発展するので出会い探すにおすすめです。

Facebookは利用者数国内だけでも2,000万人程度おり、実名アカウントなので安心して利用できますし、実名だからこそ気になっている人がいれば、友達にDMを送って友達経由で友達の紹介も可能です。

スマートフォンにFacebookのアプリが入っているからといって、知り合いに見られても恥ずかしい思いをすることはありません。いきなり知らない人と出会うのは不安だけど、友達の繋がりだったら安心できるなと思う人におすすめのSNSです。

SNSのメッセージのコツ

メッセージは質問形式にする

メッセージ
マッチングアプリでのメッセージのコツは相手が答えやすくストレスがかからないようにしましょう。メッセージは、「料理好きなんですね、普段どんな料理作るんですか?」など質問形式にし、相手も答えやすくすると返信率が高いです。

また、メッセージは1日1回程度こまめに続けましょう。マッチングアプリでは同性のライバルもいるので、こまめに連絡を続けないと興味があなたから離れてしまいます。

ライン交換のタイミングを考える

LINE交換する男女
SNSからLINE交換の最適なタイミングは、「デートの直前」です。デートが決まった後であればデートを了承してもらえるくらいの間柄であるため、断られる可能性は低くなります。

当日に連絡を取るためという理由付けもしっかり添えると、スムーズにライン交換できる確率が高いです。

出会い目的でSNSを使うときの3つの注意点

頬杖をつく女性

1.個人情報の扱い

SNS上の出会いの中には、匿名で利用しているため個人情報の取り扱いに注意しましょう。

SNSに載せるアカウントを鍵付きにして制限したり、一緒に写っている友人の写真にモザイク処理をしておく、フルネームではなく、下の名前で登録しておくなど配慮が必要です

身分証明書の提出が必須で、SNSの運営会社が24時間体制で管理しているマッチングアプリなど安全性が高いので、匿名が怖いと感じている人は利用してみましょう。

2.遠距離恋愛になる可能性がある

SNS上の出会いの注意点は趣味や思考が合う相手でも住んでいる場所が離れているため、遠距離恋愛になる可能性があることです。

遠距離恋愛が苦手だという人は、自分と距離が近い相手を見つけるため、SNS内の地域検索をして相手を探すようにしましょう。

3.出会うまでに時間がかかる

メッセージのやり取りがあるためお互いのことをよく知ってから合うことができる反面、出会うまでに時間がかかってしまうので注意が必要です。

SNSでの出会いに必要以上に警戒している相手ですと、せっかくメッセージのやり取りをしていたのに、やり取りが途絶えてしまうことが多々あります。

メッセージのやり取りを重ねるよりもすぐに会って話をしたいという方はメッセージのやり取りをせずに、すぐにデートができるマッチングアプリがおすすめです。まずは、カフェで2人で話すことで親密な関係を築くことができます。

編集部おすすめマッチングアプリ
タップルペアーズ
無料DL
  • 【利用率No.1のマッチングアプリ】
  • ・男女合わせて約60%も利用経験がある
  • ・毎月1万人以上の恋人が誕生している
  • ・趣味や価値観から異性が探せる

SNSの出会いを親に説明する方法

カフェで話す2人

素直に伝える

SNSで出会った経緯を親に伝える際に、最も有効な手段は素直に伝えることです。

下手に誤魔化そうとすることで、やましい事情があるのでは?と勘ぐられてしまう恐れがあります。

SNSで出会うことは特別なことではないので安心して伝えてみましょう。

友人の紹介で出会った

出会いの経緯を友人の紹介と説明しておけば、違和感なく周囲も納得してくれるでしょう。

友人に頼んで言い訳を一緒に考えれば、気づく相手はほとんどいません。

共通の趣味で出会った

SNSの出会いの馴れ初めは、サークルや習い事などの共通の趣味を通じて出会ったと説明すれば、違和感なく周囲に説明できます

不自然さを和らげたい場合、事前にパートナーとも口裏をあわせておけば、馴れ初めが分かることはないでしょう。

SNSで理想の出会いを探そう!

SNS
SNSの出会いは、メッセージのやり取りを通じてお互いをよく知った状態で出会えるので相性が良い人を探しやすいです。

ただし、いろんな人と気軽にやり取りができる分、個人情報の扱いには気をつけましょう。

SNSはリアルで縁がない人でも様々な人と繋がれるので、仕事関係や学生時代の友人などとしか接点がない人は、相手から良い印象を獲得し、SNSで素敵な出会いを探してみましょう。

利用率No.1の「ペアーズ」で相手を見つける

ペアーズ

出典:ペアーズ公式

マッチングアプリのペアーズ」は利用率がNo.1なので、好みの相手と出会いやすいです。

MMD研究所が調べた結果57.8%の人が「ペアーズ」を利用しており、男性が25.9%、女性が31.9%という内訳です。利用率2位の「タップル」よりも倍近くのユーザーが登録しているので、理想の異性とマッチできます。

また、同じ趣味や価値観から相手を探せる「コミュニティ」機能も利用すれば、共通の話題で盛り上がれるので、恋が始めやすいです。毎月13,000人に恋人ができているので「ペアーズ」を利用して、新しい恋を始めましょう

出会い系・マッチングアプリおすすめ3選
ワクワクメールワクワクメール
無料登録
  • 【累計会員1,000万人超の出会い系】
  • ・まじめor割り切り両方の出会いが可能
  • ・本人認証&24時間監視で安全
  • ・会員登録で1,700円分のポイントGET!
ペアーズペアーズ
無料登録
  • 【恋活・婚活No.1マッチングアプリ】
  • ・真剣な出会いを求める人向け
  • ・会う前にビデオデートが可能
  • ・地方でも恋人探しができる
ティンダーティンダー
無料登録
  • 【無料で出会うならおすすめNo.1】
  • ・男性も無料で出会える
  • ・18~24歳の若い層が多い
  • ・国際的な出会いも期待できる
ハッピーメールハッピーメール
無料登録
  • 【国内最大級の出会い系サイト】
  • ・幅広い年齢帯の出会いが可能
  • ・ライト層や初心者でも使いやすい
  • ・会員登録で1,200円分のポイントGET!
タップルタップル
無料登録
  • 【安心・安全評価No.1マッチングアプリ】
  • ・20代/30代女性の支持率No.1
  • ・毎月1万人のカップル誕生
  • ・おでかけ機能で即デート可能

閉じる